解説山部赤人(やまべのあかひと)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第4番
山部赤人
(やまべのあかひと)

田子の浦に うちいでてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ

☆ たごのうらに うちいでてみれば しろたへの ふじのたかねに ゆきはふりつつ
★ たごのうらに うちいでてみれば しろたえの ふじのたかねに ゆきはふりつつ


小倉百人一首_山部赤人(やまべのあかひと) 小倉百人一首_山部赤人(やまべのあかひと)の意味  田子の浦(現在の静岡県の海浜)に出てみて、はるか遠くを眺めてみると、富士の高い高い峰に、それは真っ白な雪が降りつもっているなぁ。

小倉百人一首_山部赤人(やまべのあかひと)の鑑賞  都の奈良から、遠く静岡まで旅をしてきた赤人は、見晴らしのよい田子の浦に出てみました。すると、真っ白い雪を降らせた富士山が、それはそれは美しく見えたのでしょう。その景色の美しさに感動した赤人が思わず詠んだ和歌なのではないでしょうか。この和歌は、『万葉集』では「田子の浦ゆ うちいでてみれば 真白にぞ ふじの高嶺に雪は降りける」とあります。『万葉集』の方が力強くはっきりした感じですね。赤人は「すっごく真白だぞ。」と詠んだのかも知れませんが、百人一首の時代には、「白妙の」と優美な感じが好まれて、変化したのでしょう。

小倉百人一首_作者山部赤人(やまべのあかひと)について  山部赤人は、第2番の歌人である持統天皇(じとうてんのう)・第3番の歌人である柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)と同じくらいの時代に生きた官僚です。人麻呂と同じように和歌を詠む才能を愛され、天皇や皇族たちと旅行に出掛けることも多くありました。人麻呂と並んで「山柿(さんし)」とよばれ歌聖として尊敬されています。

注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP