解説文屋朝康(ふんやのあさやす)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第37番
文屋朝康
(ふんやのあさやす)

白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける


☆★ しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 草葉におかれた白露に、風がしきりに吹いている秋の野は、その露が風に散り乱れて、紐に通されていない美しい宝石やガラスのビーズが散らばっているかのようだなぁ。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  白く輝く露が、きらきら光ながら、ころころと転がっている様子が情景が目に浮かぶような和歌ですね。秋の日に、こんな光景を探してみてくださいね。

小倉百人一首_作者タイトルについて  文屋朝康は、いまから1100年ほど前の下級官僚です。第22番の歌人である文屋康秀(ふんやのやすひで)の息子ともいわれていますが、その生涯はよくわかっていません。和歌を詠むのが上手でした。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP