解説道因法師(どういんほうし)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第82番
道因法師
(どういんほうし)

思ひわび さてもいのちは あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり


☆ おもひわび さてもいのちは あるものを うきにたへぬは なみだなりけり
★ おもいわび さてもいのちは あるものを うきにたえぬは なみだなりけり


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 あなたのつれなさを嘆いて嘆いて、とても耐えられないと思っていましたが、それでも耐えて生きつづけているのに、やはり耐えられないつらさに涙がこぼれます。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  どんなにか恋しい相手なのでしょうか。こちらも涙が出そうになりますね。この和歌は、古くから恋を詠んだと解釈されていますが、もっと深く、人間関係や、思いどおりにならない自分の人生への嘆き、と読み取るとさらに興味深いと思います。

小倉百人一首_作者について  道因法師は、俗名を藤原敦頼(ふじわらのあつより)といいます。さほど地位の高くない官僚でしたが、80歳を過ぎた頃に出家をしたようです。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP