解説清原深養父(きよはらのふかやぶ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第36番
清原深養父
(きよはらのふかやぶ)

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ


☆ なつのよは まだよひながら あけぬるを くものいづこに つきやどるらむ
★ なつのよは まだよいながら あけぬるを くものいずこに つきやどるらん


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 夏の短い夜は、まだ夜が始まったばかりだと思っているうちに、あっという間に明けてしまうなぁ。月が西へ傾く暇もないではないか。いったい、月は雲のどこに隠れるのだろうか。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  月に見とれているうちに、夜を明かしてしまったのでしょうか。それとも、夜通しの宴会をしていたのでしょうか。夜があっという間に明けてしまうことを惜しんだ和歌です。朝の早い夏の空にほんわりと浮いている月が目に浮かびませんか?

小倉百人一首_作者タイトルについて  清原深養父は、いまから1100年ほど前のさほど地位の高くない官僚です。第42番の歌人である清原元輔(きよはらのもとすけ)は孫、『枕草子』の作者として有名な第62番の歌人である清少納言(せいしょうなごん)は、曾孫にあたります。和歌を詠むのが上手でした。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP