解説権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第97番
権中納言定家
(ごんちゅうなごんていか)

こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くやもしほの 身もこがれつつ


☆ こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに やくやもしほの みもこがれつつ
★ こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに やくやもしおの みもこがれつつ


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 いつまでも来ないあなたを待つわたしは、あの松帆の浦(現在の淡路島の北端の岩屋海岸)で、夕方に海が凪いでいる頃に塩を作るために焼く藻塩のように、身を焼かれるように恋焦がれていることです。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  『万葉集』の「名寸隅(なきすみ)の 舟瀬ゆ見ゆる 淡路島 松帆の浦に 朝なぎに 玉藻刈りつつ 夕なぎに 藻塩焼きつつ 海人娘子 ありとは聞けど 見に行かむ よしのなければ ますらをの 心はなしに たわや女の 思ひたわみて たもとほり 我れはぞ恋ふる 舟楫(ふなかぢ)をなみ(松帆の浦で、朝は玉藻を刈り、夕方には藻塩を焼く乙女がいると聞いたので、ぜひ逢いたいのだが、わたしには舟も楫も無いので、ただうろうろと恋焦がれるばかりです)」という長歌を本歌としたものです。本歌から意味に奥行きをもたせ、言葉の技巧もこらした、定家ならではの成熟した美しい和歌ですね。

小倉百人一首_作者タイトルについて  権中納言定家は、本名を藤原定家(ふじわらのさだいえ)といいます。この「小倉百人一首」を選んだ歌人です。第83番の歌人である藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)は父親です。和歌を読むのが上手で、また和歌の研究にも熱心だったので、歌学者としても重んぜられました。

注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP