解説伊勢大輔(いせのたいふ/いせのおおすけ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第61番
伊勢大輔
(いせのたいふ/いせのおおすけ)

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな


☆ いにしへの ならのみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな
★ いにしえの ならのみやこの やえざくら きょうここのえに においぬるかな


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 昔みやこのあった奈良の八重桜が、今日は九重の宮中に美しく咲き誇って、一段と輝いていることですよ。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  一条天皇(いちじょうてんのう)のもとへ、奈良から八重桜が贈られたとき、その桜を受け取る役を紫式部(むらさきしきぶ)から譲られ、藤原道長(ふじわらのみちなが)に和歌を詠むように、といわれて即興で詠んだものです。「いにしへ」と「けふ」、八重桜の「八重」と宮中を意味する「九重」、と対比の言葉を上手に使い、華やかな和歌ですね。麗しい宮廷の様子が目に浮かぶようです。

小倉百人一首_作者タイトルについて  伊勢大輔は、いまから1000年ほど前の宮廷女官です。第49番の歌人である大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)は祖父にあたります。父親の大中臣輔親(おおなかとみのすけちか)が、伊勢神宮の祭主で、神祇大副(じんぎおおすけ)という神官だったことから、伊勢大輔(大輔と大副は同じ意味。職種によって字が違います。)と呼ばれました。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP