ポイント解説わ行(1首)

point-1参議篁(さんぎたかむら)

第11番
参議篁
(さんぎたかむら)

わたの原 八十島かけて こぎいでぬと 人には告げよ あまのつり舟

☆ わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね
★ わたのはら やそしまかけて こぎいでんと ひとにはつげよ あまのつりぶね


小倉百人一首_参議篁(さんぎたかむら) 小倉百人一首_参議篁(さんぎたかむら)の意味  はるかにひろびろとした大海原に、ぽつんぽつんと無数に浮かぶ島を目指して、漕ぎ出して行ったのだと、どうか都にいる愛しいあの人につたえてください、釣り船に乗った漁師さん。

小倉百人一首_参議篁(さんぎたかむら)の鑑賞  天皇の怒りを買い、貴族の称号も役職もすべて取り上げられ、愛する人ととも引き離されて、遠い島へ行かなければならなかった篁の孤独な気持ちが、ひしひしと伝わってきませんか?後に赦されて都へ還り、愛する人にも再会できたのだと思いますが、この和歌を詠んだときの篁は、そんな自分の未来を知りません。ただひたすら、不安と寂しさをかかえながらの旅立ちだったでしょう。漁師という都へ伝える術の無さそうな相手に呼びかけていることが余計に、篁がひとりぽっちであることを際立たせているように思います。

小倉百人一首_作者参議篁(さんぎたかむら)について  参議篁は、本名を小野篁(おののたかむら)といいます。いまから1200年ほど前の官僚で、学才に優れ、和歌を詠むのも上手でした。参議は職名で、貴族のなかではまあまあの地位でした。その才能と人柄を買われ、天皇の替わりに中国の皇帝へご挨拶をする使者である遣唐使(けんとうし)の二番目に偉い副使(ふくし)に選ばれたのですが、大使(たいし)である藤原常嗣(ふじわらのつねつぐ)が、篁の乗る船と、自分の壊れた船を取り替えたことに不満を持ち、仮病を使って中国へ渡るのを止めてしまいました。天皇の命令に叛いたとして、現在の島根県隠岐の島へ流罪になりました。篁37歳のときのことです。後に赦され、51歳で亡くなるまで天皇にお仕えしました。

注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。


TOPPAGE  TOP