解説紀友則(きのとものり)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第33番
紀友則
(きのとものり)

ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ


☆ ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづこころなく はなのちるらむ
★ ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しずこころなく はなのちるらん


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 陽の光の暖かでのどかな、こんな春の日に、桜の花は、どうして落ち着きもなく散り急いでるのだろう。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  友則の生きた時代、ただ「花」といえば「桜の花」を示しました。春の陽だまりの静かななかに、桜の花びらがはらはらと散っている様子が目に浮かぶようですね。散る桜を惜しんでいるのでしょうか。ぽっかりと休みができたのでしょうか。なにをすることなくぼんやりと桜を眺めている、友則の心穏やかに過ごす春のある一日の情景でしょうか。

小倉百人一首_作者タイトルについて  紀友則は、『六歌仙』を選んだ第35番の歌人である紀貫之(きのつらゆき)の従兄弟で、いまから1100年ほど前のさほど地位の高くない官僚です。和歌を詠むのが上手でした。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP