解説坂上是則(さかのうえのこれのり)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第31番
坂上是則
(さかのうえのこれのり)

朝ぼらけ ありあけの月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪


☆★ あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 ほのぼのと夜が明けていくころ、外を眺めると、有明の月の光かと思うほどに、吉野の里(現在の奈良県南部)に真っ白な雪が降りつもっているなぁ。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  この和歌は、是則が大和国(現在の奈良県)の地方官として出掛けたときに、詠んだと考えられています。雪の降った朝を思い出してみてください。外がぼんやりと明るくて、いつもと違う雰囲気でしょう。是則の気持ちに共感しませんか?

小倉百人一首_作者タイトルについて  坂上是則は、いまから1100年ほど前の官僚です。武人として名高い坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の子孫ですが、蹴鞠や和歌といった文化面で名を馳せ、宇多法皇(うだほうおう)のお出掛けにもお供をして、和歌を詠みました。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP