解説小式部内侍(こしきぶのないし)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第60番
小式部内侍
(こしきぶのないし)

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立


☆★ おおえやま いくののみちの とおければ まだふみもみず あまのはしだて


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 大江山(現在の京都府京都市と亀岡市の間にある山)を越えて幾野(現在の京都府亀岡市)への道はとても遠いので、天橋立(現在の京都府宮津市)へは行ったこともありませんし、母からの手紙も見ておりませんよ。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  歌合(うたあわせ)に参加することになった小式部内侍に、第64番の歌人である藤原定頼(ふじわらのさだより)が、「お母さんに歌の代作を頼みましたか?そのお返事は来ましたか?」とからかったのに返した和歌です。当時、和泉式部は、夫の仕事について天橋立のある丹後国(現在の京都府北部)にいました。小式部内侍の和歌は、和泉式部が代作をしている、という噂があったため、定頼はこんな風にからかったのです。しかし、小式部内侍は、見事に詠み返し、定頼はあっけにとられて、咄嗟に和歌を返せず、すごすごと引き下がったのだそうです。

小倉百人一首_作者タイトルについて  小式部内侍は、いまから1000年ほど前の宮廷女官です。父は橘道貞(たちばなのみちさだ)、母は第56番の歌人である和泉式部(いずみしきぶ)です。一条天皇中宮(いちじょうてんのうちゅうぐう)の藤原彰子(ふじわらのしょうし)に仕えました。母と区別するため、小式部と呼ばれていました。


注1)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

注2)女性は、本名すら伝わることも稀なので、正確な読み方もわからない場合が多いです。混乱を避けるため、女性の名前は一般的に音読みされます。訓読みが浸透している女性のみ訓読みも記すことにします。

TOPPAGE  TOP