解説凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第29番
凡河内躬恒
(おおしこうちのみつね)

心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花


☆ こころあてに おらばやおらむ はつしもの おきまどはせる しらぎくのはな
★ こころあてに おらばやおらん はつしもの おきまどわせる しらぎくのはな


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 あてずっぽうに折ってみようかな。真っ白な初霜が一面に降りて、霜なのか白菊なのか、わからなくさせている白菊の花さん。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  霜と白菊の見分けがつかないわけがないじゃない?なんて無粋なことを言ってはいけません。一面に咲く白菊に真っ白な霜が初めておりた朝の躬恒の驚きと感動に思いを馳せてみましょう。

小倉百人一首_作者タイトルについて  凡河内躬恒は、いまから1100年ほど前の下級官僚です。地位は高くありませんでしたが、『六歌仙』を選んだ第35番の歌人である紀貫之(きのつらゆき)と並び称された和歌の名人でした。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP