解説紫式部(むらさきしきぶ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第57番
紫式部
(むらさきしきぶ)

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな


☆ めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかな) ★ めぐりあいて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よわのつきかな


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 久しぶりに会えたのに、見たかどうかもわからないくらいに雲に隠れてしまう夜更けの月のように、あなたも、あっという間に帰ってしまいましたね。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  久しぶりに再会した幼なじみのことを詠んだ和歌です。宮仕えのご用の途中だったのでしょうか。子供が待つ家路を急いでいたのでしょうか。電話もメールもなかった時代ですから、なかなか気軽に話をすることも出来なかったでしょう。式部の友だちを親しく懐かしく思う気持ちが込められた和歌ですね。

小倉百人一首_作者タイトルについて  紫式部は、いまから1000年ほど前の宮廷女官です。本名は伝わっていません。藤原為時(ふじわらのためとき)という中流貴族の娘でした。藤原宣孝(ふじわらのためたか)と結婚し、第58番の歌人である大弐三位(大弐三位)と呼ばれる娘賢子(けんし)を産みました。やがて夫とは死別し、その寂しさのなかで『源氏物語』を書き始めたそうです。その物語が広まり、藤原道長(ふじわらのみちなが)の娘で一条天皇中宮(いちじょうてんのうちゅうぐう)の彰子(しょうし)のもとへ宮仕えをするようになりました。はじめ藤原氏ということで藤式部(とうのしきぶ)と呼ばれていましたが、『源氏物語』の主人公のひとりである「紫の上」から紫式部と呼ばれるようになったようです。


注1)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

注2)女性は、本名すら伝わることも稀なので、正確な読み方もわからない場合が多いです。混乱を避けるため、女性の名前は一般的に音読みされます。訓読みが浸透している女性のみ訓読みも記すことにします。

TOPPAGE  TOP