解説源重之(みなもとのしげゆき)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第48番
源重之
(みなもとのしげゆき)

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ 砕けてものを 思ふころかな


☆ かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ くだけてものを おもふころかな
★ かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ くだけてものを おもうころかな


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 風が激しいので、岩にあたる波がひとり砕け散るように、わたしひとりだけが、恋に心が乱れ砕けて、思い悩むことですよ。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  自分の強く激しい恋心を自覚し、そして砕け散ってしまった悲しみ。地方勤めの旅の途中で、岩に砕け散る波の様子を目の当たりにしたのでしょうか。寒々しくも激しい情景が目に浮かぶようです。そして、その波に自身の恋心を比喩させた重之の哀しみもまた、胸をうちますね。

小倉百人一首_作者タイトルについて  源重之は、いまから1050年ほど前のあまり地位の高くない官僚です。清和天皇(せいわてんのう)の孫ですが、父親の代に苗字を与えられ、皇族ではなくなりました。地方勤めが多かったようです。和歌を詠むのが上手でした。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP