解説曽禰好忠(そねのよしただ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
第46番
曽禰好忠
(そねのよしただ)

由良のとを わたる舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな


☆ ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ ゆくへもしらぬ こひのみちかな
★ ゆらのとを わたるふなびと かじをたえ ゆくえもしらぬ こいのみちかな


小倉百人一首_タイトル 小倉百人一首_タイトルの意味 由良(現在の京都府宮津市)の海辺を漕ぎ渡る舟人が、舟を操る舵を失って、ゆくえも知れず波間に漂うように、どうなっていくのかわからない、わたしの恋の道です。

小倉百人一首_タイトルの鑑賞  はてしなく広がる海に漂う小さな舟の様子を思い浮かべてください。なんとも不安で寂しげではありませんか?好忠の気持ちも、そんな舟と同じくらい不安なのだということが、手に取るようにわかる和歌ですね。

小倉百人一首_作者タイトルについて  曽禰好忠は、いまから1000年ほど前の下級官僚です。和歌を詠むのが上手で、自分で新しく言葉を作って和歌に詠み込んだりするなど、革新的な歌人でした。


注)☆は旧仮名遣い、★は現代仮名遣いよみです。
旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。
市販されている百人一首カルタは、☆表記になっていますので、☆と★を見比べながら、読んでみてください。

TOPPAGE  TOP